気になるチョイ見せ

腕時計屋さんのサイト
http://vagary.jp/

各商品のよさげなところの一部を見せて注意を惹くまさに”チラリズム”の極意。あらためて全体をみたくなってしまいます。

もともとこの手の腕時計には関心があるだけそうなのですが、やっぱ動的に演出できるだけに考える人の表現のバリエーションや引き出しの多さは改め大事。

これで更新が容易ならいいんでしょうけどこのての商品を扱うサイトは四半期毎で十分でしょうからいいのかもね。

というか容易に更新できたら製作側としてはあまり商売にはならないですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.