ボーン・スプレマシー

「ボーン・アイデンティティ」の続編。前作か引き続き記憶を失ったまま、元CIA工作員、ジェィソン・ボーン(マッド・ディモン)のスパイアクションもの映画。

一言でいうと“可もなく不可もなく”といった感じでしょうか?ストーリー的にはツメが甘いような気もしました。ただエンディングからひょっとして、さらなる続編もあり?と感じさせるような展開。

淡白とえいば淡白かも、個人的にはシリーズ化するほどの内容ではないように思います。

主役のマッド・ディモンがアクションをするのですが、個人的にはイメージに合わない。ハードボイルドに徹するタイプではないだけにオーシャンズ11&12のライナスとかのほうが彼にはぴったりだと思います。

2 thoughts on “ボーン・スプレマシー

  1. BAL

    トラックバックしてくだっさった方のページを拝見したのですが、意外と評価がたかいのですね。個人的にはアクションよりは不器用さを売りにした性格俳優なんかがいいかと思うのですが。「グッドウィルハンティング」なんかは結構好きです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.